Skip to content
  1. >
  2. >
  3. レストラン

レストラン

PAK96_bistrokaunta--thumb-815xauto-15657

しっかりとした味

近年では、高級レストランだけでなく、ファミリーレストランなどでもワインが
置かれるようになりました。手軽かつ気軽にワインを楽しむことができるように
なったということは、ワイン好きにとっては嬉しいことですね。

しかし、ファミリーレストランなどで飲むことができるワインと、ワインに
こだわりを持った高級レストランで飲むことができるワインとでは、やはり
提供されるワインの種類も味わいも大きく異なります。

ワイワイと楽しみながらワインを味わうことができる雰囲気とは違い、じっくりとワインの
味や香り、色味などを楽しみながら飲むことができる高級レストランで味わうワインは、
また格別なものになります。

レストランのサービスの仕事

高級レストランでワインを注文したことがある方はご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
ワインを注文すると「ホストテイスティング」と呼ばれている、顧客のもてなす側による
ワインの味見を行うことがあります。

ホストテイスティングのときは、ワインのボトルに記載されているラベルを見せてもらい、
事前に頼んでいたヴィンテージやワイン名、生産者と異なっていないかどうかをチェックします。
そして、ワインに異常がないかどうか、色、香り、味をチェックします。

このとき、ワインの風味がおかしかったり、コルク臭がしたりと、何らかの異常や変質があると
顧客側が判断した場合、レストランのサービスも一緒に味見をすることになります。そして、
サービスも異常を確認できた場合、ワインを交換することになります。

これらの一連の流れからわかるように、高級レストランで働く場合、自分自身がワインの
知識を深く習得していなければ、顧客の要望に応えたり、顧客に納得してもらうことは
できません。生産者や味わいといった、知識面だけでなく、実際にこのワインは
どのような味がするのか、異常がある味わいとはどんなものなのかといった、
ワインに関する経験も必要となるのです。

ワインの知識やマナーも身に付く

ワインを豊富に取り扱っているような高級レストランで働くことによって、
自然とワインの知識や、ワインを飲むときのマナーを身につけることができるようになります。
日本人は、ワインを頼んだ時の正しいマナーを知っている方は少ないです。前述した、
ホストテイスティングを知らない方も多いですし、ワインを手酌で飲むのはマナー違反です。

そのため、ワインについての知識やマナー経験を積みたいという方や、興味があるという方にとって、
高級レストランで働くことは、非常にメリットがあると言えます。プライベートでも、自信を持って
高級店でふるまうことができるようになりますし、マナーや言葉遣いなどは当然厳しいですが、
得られるものは大きいでしょう。

ちなみに、昨今は飲食店で働く人のための専門学校も多く、飲食業界で
必要な知識やマナーなどを学生のうちから学べる環境も整いつつあります。
将来は、レストランやカフェのような場所で働きたいと考えてる人に
最適な学校とも言えるでしょう。

参考:バリスタの専門学校ならレコールバンタン