Skip to content
  1. >
  2. >
  3. ホテル

ホテル

PPW_hoterunohitokomaminichua-thumb-815xauto-13269

スペシャリストとして働く

ホテルに宿泊したり、ホテル内のレストランやバーを利用したりするときに、ワインを注文される方も少なくないのではないでしょうか。
宿泊する場合は、部屋にワインを持ってきてもらえたり、場合によっては部屋にワインが備えられていることもあります。
豪華なホテルに泊まるときなど特別な日には、特にワインは欠かせない存在になりますよね。

ホテルにもよりますが、大きなホテルであれば、ホテル内に「ソムリエ」と呼ばれるワインのスペシャリストが存在しています。
大きなホテルの場合、ソムリエが複数いて、チーフソムリエやアシスタントチーフソムリエなど階級があり、上に行けばいくほど、活躍の場も増えていきます。
高い地位になると、その分収入も増えますし、責任・やりがいのある仕事も任されるにようになっていきます。
近年では、特にワイン文化が浸透してきているため、ホテルでのソムリエというポジションは、将来的にも明るい仕事であると考えられています。

ホテルのソムリエの仕事

ソムリエは、ワインだけでなく、食前酒や食後酒といった全ての種類の飲み物のコーディネートをすることが仕事となっています。
その場の雰囲気、料理、顧客の好みなど様々な条件に合わせてワインをすすめたり、季節に合わせたワインの仕入れなどを行います。
レストランで提供するメニューが変わったりするときは、ソムリエもそれに合わせてワインリストを作成したりしなければなりません。

そのため、ワインだけでなく、その他の飲み物や料理に関する幅広い知識が必要となります。
また、知識だけでなく、味覚や嗅覚、視覚などをフルに活用して、ワインを選定したりしていく必要があるため、経験やセンスも重要となります。
もちろん、接客も行いますので、厳しく接客マナーを叩きこまれることになりますし、顧客に合わせたワインを提供するといった、相手の要望を引き出す接客力やコミュニケーション能力も必要です。

ワインの仕入れや貯蔵などもソムリエの大切な仕事となっています。
温度など、ワインは品質管理が非常に難しいので、責任重大ですが、その分やりがいも感じられます。

ソムリエとして働くには

ホテルなどでソムリエとして活躍したいのであれば、ソムリエの資格を取得することが第一条件となります。
ワインソムリエの資格取得のための学習は、通信講座などでも学ぶことができるため、他の仕事をしながらでも取得することはできます。

ただ、やはり知識だけでは現場ですぐに活躍することはできませんので、どんどん経験を積んでいくことが大切です。
ワインソムリエの受験資格のひとつが、アルコール提供をする飲食店での実務経験とされているので、まずはホテル内のウェイターなどのポジションで、接客術などを学びながら、ソムリエを目指していくといいかもしれませんね。