Skip to content
  1. >
  2. >
  3. 鶏レバーの赤ワイン煮

鶏レバーの赤ワイン煮

PAK55_akaieki glass-thumb-815xauto-15536

飲む以外の楽しみ方も

赤ワインは飲んで楽しむだけではなく、お料理に加えることでも活躍します。赤ワインを入れたお料理は、肉料理が多いでしょうか。
ステーキに赤ワインのソースを使用したり、肉料理では一緒に煮込んだりというメニューが有名ですね。

牛肉と赤ワインの料理では、前日から牛肉に赤ワインをつけこんでおいて、というレシピもあります。
一度オーブンやフライパンで火を通した牛肉に赤ワインを加え、一時間から二時間煮込むお料理は、赤ワインの風味があり、とてもおいしくなりますね。

他にパスタでは、お肉やニンニクを使ったメニューでは、赤ワインが使われています。
ボロネーゼのパスタなどが赤ワインを一緒に使用していますね。
魚介類パスタで有名なのはあさりを存分に使用したボンゴレロッソでしょうか。

贅沢なディナーやおいしいイタリアンに、赤ワインの料理は欠かせませんね。
赤ワインにゼラチン、水、お砂糖に果物を加えてのゼリーのデザートもいいですね。
デザートとしておいしい赤ワインのゼリーは味だけではなく、透明の器に入れて見た目も楽しめます。

鶏レバーの赤ワイン料理

鶏レバーといえば、焼き鳥を思い出すことが多いのではないでしょうか。
B級グルメでは、鶏レバーの他に砂肝やハツなどを煮込んだ甲府の鳥もつ煮がありますね。

レバーはビタミンA、ビタミンBが特に豊富で、栄養価の高い食材です。
和食での他に、ワインのおつまみとして楽しめるメニューもあります。

鶏レバーと赤ワインを使った鶏レバーの赤ワイン煮は、手軽に本格的な味が楽しめます。
フライパンで鶏レバーの表面を焼き、赤ワイン、生姜、砂糖、醤油で煮汁がなくなるまで煮込めば完成です。
それほど長い時間煮込む必要はないようですので、短時間で作れる点もいいですね。
レバーの匂いが苦手という場合でも、生姜やワインを加えることで、食べやすくなるのではないでしょうか。

また、お酒を飲むとビタミンB1が不足しがちになるともいわれていますので、ビタミンB1を豊富に含む鶏レバーは、お酒を楽しむ際に出すメニューとしてもよいのではないでしょうか。
また鶏レバーには、鉄や亜鉛、銅などのミネラルも豊富に含まれています。
ワインのおつまみのほか、普段の献立に取り入れるのもいいかも知れませんね。

過剰摂取には注意

赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれており、アンチエイジングや健康効果が期待できることで有名です。
しかし、ワインにはアルコールも含まれていますので、飲み過ぎには注意しましょう。

またレバーにはビタミンAが豊富に含まれています。
ビタミンAは体にとって必要な栄養素ですが、レバーには多くのビタミンAが含まれていることから、食べ過ぎると過剰摂取になってしまう可能性がありますので、適度な量で楽しみましょう。