Skip to content
  1. >
  2. >
  3. <白>リースリング

<白>リースリング

PAK65_madainorosuto20130825-thumb-815xauto-16887

ドイツを代表する品種

白ワインに使われるリースリングは、ドイツを代表する品種の一つです。
ワインに最適な香りと酸味を兼ね揃えており、最上級の品種という呼び声も聞かれます。

リースリングの香りは、果実の甘い匂いだけではなく、ハチミツなど花の蜜のような匂いという表現をされるケースが多いのが特徴です。
そのためワインになった時もその独特の香りが活かされるため、女性に好まれるような逸品に仕上がります。

リースリングの特徴とは

リースリングが持つ特徴の一つとして、小粒で緑色をした宝石のような様子が挙げられます。
見た目からも華やかさを持つ一方、育てる環境に関してはさまざまな条件を満たす必要があるため、限られた場所での生産しか行えません。

実の成り方は晩成熟になり、じっくりと冷涼な土地の上で成長します。
より乾燥した地域で出来たものが最上級品と呼ばれ、フルーティで薫り高いワインが仕上がると言われています。
また成長にはしっかりとした日差しも求められるため、全ての条件が揃わないと一級品と呼ばれるリースリングが作れないようになっています。

産地について

リースリングの主な産地はドイツです。
ラインガウやモーゼルといった場所において、ドイツワインの代表的品種としても知られています。
そのほかにもオーストリア(ヴァッハウ)やオーストラリア(イーデン・ヴァレー)などでも美味しいブドウが作られています。

よりブドウの栽培に適した気候でない限り、リースリングが持つ美味しさを十二分に引き出すことが出来ません。
特に成長期を迎えるに従って、日光や乾燥した空気が揃わないと、名産地でも納得いく一品に出会えないでしょう。

リースリングと相性のよい料理

リースリングは作る課程で細やかな気配りが必要な面があるほか、料理との相性にもやや相手を選ぶような形となっています。
肉料理のように、ワインの香りと一緒に味わうような料理はあまり相性がよくなく、鯛といった高級白身などワインの味を底上げするような料理が適しています。

個性が強い分、楽しめる場面も限られてしまいますが、その分特別な時間に味わってみたくなるようなワインと言えます。
記念日などに大切な人と思い出を作りながら、リースリングで作られたワインを楽しんでみるのもよいでしょう。