Skip to content

<白>シャルドネ

PAK66_nanimohaittenaiglass20130608-thumb-815xauto-17010

村の名前に由来している

シャルドネとは、ブドウの品種の一つです。
主に白ワインの原料となる種付きブドウで、その皮は緑色をしています。
シャルドネの名は、フランス・ブルゴーニュ地方のマコネにある村「シャルドネ」に由来していると考えられています。

マコネ地方では現在、フランスのブルゴーニュ地域圏ソーヌ=エ=ロワール県の中央部で、辛口の白ワイン「プイィ・フュイッセ」が生産されています。
この白ワインは、「アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ」の指定を受けています。
フランスの農業製品に対して、製造過程や品質において、特定条件を満たしたものだけに与えられる認証のことです。

カリフォルニア大学デービス校のDNA型鑑定結果によると、シャルドネ種は、ピノ種とグアイス・ブラン種との交配種として生まれたと考えられています。
クロアチアが原産であるグアイス・ブラン種は、絶滅種に数えられています。

シャルドネの香り

シャルドネ種は、「オーバイン」「ビーノス」「ムロン・ブラン」という名でも知られています。
また歴史的には、「ピノ・シャルドネ」といった名前でも知られています。
シャルドネ種は、醸造家や愛好家により、広くいろいろな方面に用いられています。

アメリカでは、酸味を和らげるためにオーク材の樽を使って充分に醗酵させる事が多いです。
オークを使わなければ、シャルドネ種は通常柔らかなワインに仕上がり、フルーティな香りがします。

オーク樽を使うと、年月を経る間に、スモーク、バニラ、キャラメル、バターなどの香りを醸(かも)し出すようになります。
フランス産、アメリカ産に関わらず、オークの使用により樽の焼き付け具合で、香りが決まります。

コストを掛けない低予算のワインは、オーク材の樽を使いません。
ステンレススチールの容器で、オークを桟やチップの形で使います。

シャルドネの栽培国

シャルドネ種はまた、フランス北東部のシャンパーニュ地方でも重要な役割を果たしています。
シャンパーニュ地方とは、スパークリングワインの代表的な「シャンパン」の産地です。
ここでは100%シャルドネ種で造られた、「ブラン・ド・ブラン(白の中の白)」というラベルのシャンパンが存在します。
またシャンパン以外の発泡ワインにも、シャルドネ種は使用されています。

2001年に、ブドウ品種の作付面積の大きさで、シャルドネ種は第8位にランク付けられました。
主な栽培国はアメリカ、フランス、オーストラリア、イタリアです。

その中でもオーストラリア、ニュージーランドでは、シャルドネ種のワインは、一般的な白ワインの一つとなっています。
こちらでもシャルドネ種のワインについて説明されています。
>>シャルドネで選ぶ|ワイン通販専門ショップ。世界のワイン販売は葡萄屋へ

シャルドネ種は、オーストラリアで最も広く栽培されています。
オーストラリアでは、ワインを造る工程で伝統的にシャルドネとセミヨン種とを混ぜています。
シャルドネを混ぜるのは珍しく、数少ない地域の一つです。