Skip to content
  1. >
  2. >
  3. <白>ソーヴィニヨン・ブラン

<白>ソーヴィニヨン・ブラン

FCFNI_yakizakana-thumb-815xauto-16977

大粒な房が特徴

ソーヴィニヨン・ブランはフランス西部で生まれたブドウの品種です。
熟すと緑色に色づき、大きな房を付けるのが特徴です。

現在では幅広い場所で生産されているため、世界5位の栽培面積を誇ります。
白ワインの材料といえばソーヴィニヨン・ブラン、というくらい、世界各国で名前のしれた品種と言えるでしょう。

主な生産地について

ソーヴィニヨン・ブランの主な生産地としてはフランスが挙げられます。
ボルドーワインでも有名なグラーヴ地区では、ソーヴィニヨン・ブランを使った高級ワイン造りが盛んで、毎年香り高い商品を世界に発信しています。
また、モンバジャックやモンラヴェル、ベルジュラックで作られる白ワインにも、ソーヴィニヨン・ブランが主な材料として使われています。

フランス以外の場所ではカルフォルニアが有名です。
白ワインの材料として知られるシャルドネ種と肩を並べるように作られており、独特の香りに酔いしれるワインファンも少なくないようです。
そのほかにはニュージーランド(マールボロ)や、イタリア(トレンティノ・アルト・アディジェ州)といった場所でも盛んに作られています。

ソーヴィニヨン・ブランが持つ味の特徴

ソーヴィニヨン・ブランは、未熟時だとマスカットのような青い香りと爽やかな後味が特徴です。
独特な香りを持つため、フランス人からは「ねこのおしっこ」といったブラックジョークも聞かれます。

しかし完熟すると一変し、南国フルーツのような甘い香りを放つのもソーヴィニヨン・ブランのおもしろい部分です。
一度で二度楽しめるブドウだからこそ、白ワイン造りなどに愛されているのかもしれません。

どんな料理に最適か

ソーヴィニヨン・ブランは主に白身魚の料理などとの相性が良いと言われています。
フランス料理などで食されるポワレをはじめ、日本料理のふぐ刺し、さらには天ぷらといった繊細な味わいを持つ料理と一緒に食すとよいでしょう。
そのほかにも、中華料理であればフカヒレ・アワビの姿煮とも相性抜群です。

香りを存分に楽しみたいという方は、アボガドサラダやグリーンサラダなどの前菜と一緒に食してみるのはいかがでしょうか。
料理自体に強い個性を持たないため、ワインが持つ甘い香りをしっかりと楽しむことが出来ます。
白ワインに最近はまりだした、という方はソーヴィニヨン・ブランのワインを飲んでみるのもよいでしょう。