Skip to content
  1. >
  2. >
  3. ワインの種類

ワインの種類

PAK57_konoatodoushiyoukanato-thumb-815xauto-15669

お酒としての位置づけ

ワインはお酒の一種です。
お酒というのは、製造方法によって様々な種類があります。
その中でもワインは「醸造酒」という、果物や穀物を発酵させて製造します。

ワインは、ブドウを原料とした醸造酒です。
人類が初めて作ったお酒が、このワインであると言われています。
そんなワインですが、製造方法や原材料によって全部で4つの種類に分けられます。
その種類をご紹介しましょう。

4つの種類

一般的なワインは、「スティルワイン」という種類にあたります。
赤ワイン、白ワイン、ロゼワインといった皆さんがよくご存じのワインは、このスティルワインです。
炭酸ガスは含まれていません。
最近では、ブドウだけでなく、色々なフルーツで作られたフルーツワインも作られるようになりました。

炭酸ガスが入った泡立つワインのことを、「スパークリング・ワイン」と言います。
シャンパンなどがこれにあたります。

スティルワインを発酵している間、もしくは発酵後に、ブランデーなどのアルコール度数が高いお酒を加えて、コクや保存性を上げたワインが、「フォーティファイド・ワイン」と言います。
シェリー、ポートワイン、マデイラといったものが知名度が高いですね。

「フレーヴァード・ワイン」は、スティルワインに薬草、香辛料、果汁、甘味料といったものを加えることで、風味をつけたものです。
食前酒や食後酒、カクテルの原料などに使われているのが、このワインです。
ベルモット、サングリアがこれにあたります。

ワインの色

ワインは、その色によっても種類が分けられます。
色は、大きく分けて3種類あり、その原料のブドウが異なります。

赤ワインは、黒ブドウの皮と種を使って作られています。
ブドウの果汁を皮、種ともに発酵して作るために、しっかりとした色がつき、渋味もつきます。

白ワインは、白ブドウまたは黒ブドウの果汁だけを使って作られています。
ブドウを圧搾して得た果汁のみを発酵して作ります。
黒ブドウを原料として作った場合も、果肉部分には色素がないために、白ワインになります。

ロゼワインは、赤ワインと同様に黒ブドウの皮と種を使いますが、発酵中にほんのり色がついた時点で、皮を分離させ、果汁のみを使って発酵します。
その他にも、黒ブドウと白ブドウを混ぜて醸造するといった方法があります。

ちなみにスパークリングワインは、スティルワインに糖分・酵母を加えて二次発酵させます。
そして、発酵によって生まれた炭酸ガスを密閉した容器に閉じ込めることで造られています。

新酒も続々と

歴史の古いワインですが、新しく作られるワインもたくさんあります。
ワインの産地や発酵方法など、条件次第で次々と新しい種類のワインが誕生していきます。
今後も、新しいワインの誕生に期待ですね。