Skip to content
  1. >
  2. >
  3. ワインの歴史

ワインの歴史

PAK86_kakuteruglasstomizu20130608-thumb-815xauto-16717

はじまり

歴史が古いと言われているワインですが、実際はどれくらい昔から製造されていたのでしょうか。
まず、ワインの素材となっているブドウは、数百万年前には地球上に存在していたということがわかっています。
伝説として「この果実でお酒をつくりなさい」と神様が人に授けたものが葡萄だったと言われているほどです。

ワインを意図的に作ろうと思って製造されたのは、紀元前の頃であるとされており、その頃の遺跡で果汁を絞るための石臼が発見されていますし、ワイン造りをするためのブドウの木を栽培していたということがわかっています。
紀元前3100年~1500年の頃のピラミッドの壁画に、ブドウ栽培やワイン造りの様子が描かれていますし、紀元前1800年~1700年頃のハムラビ法典には、ワインの売買の法律が記載されていると言われています。

最初は、ブドウの木が地面に落ちて潰れ、それが天然の酵母によって発酵し、ワインの原点になるものが誕生したのが始まりであるとされています。
しかし、ワイン造りが始まったのがいつで、発祥がいつであるのかということは、はっきりと判明していないのです。
それほど昔からワインは存在していたのです。

ワインの広がり

ワイン造りと言えば、ヨーロッパ地方が思い浮かぶという方も多いのではないかと思います。
ヨーロッパ地方にワインが拡大していったのは、紀元前600年頃のことであると考えられています。

ローマ帝国がヨーロッパ地方に拡大していくと同時に、ワイン造りのためのブドウ畑を広げていったとされています。
それと同時にヨーロッパ地方にどんどんワイン造りが広がっていきました。

日本とワインの歴史

日本にワインが広がっていったのは、明治時代以降であるとされています。
文明開化によって、洋風の文化を取り入れるようになったと同時に、ワインの文化も日本に取り入れられてきました。

当初ワインは日本人からあまり好まれるものではありませんでした。
それは日本でのワインに関する知識が浅く、醸造技術などがまだまだ未熟なものであったからです。

中部地方にある山梨県でワイン製造の会社が設立されたのが、日本におけるワイン製造の元祖であるとされています。
その後、ワイン造りの知識や技術を習得するために、フランスに日本人を派遣し、日本でもワインが本格的に広がっていくようになりました。

その後、ブドウの木が寄生虫によって壊滅させられたり、第二次世界大戦が起こったりという歴史の中で、ワイン造りも需要も少なくなってきました。
しかし、東京オリンピックや大阪万博といった、国際交流が盛んになると同時に、日本人のワインに対する知識や興味が高まってきて、またワイン製造が盛んになってきました。

現代では、日本の食文化の多様化であったり、ポリフェノールが健康に良いという効果が注目されたりして、日本でも幅広くワインが理解されるようになってきました。
非常に古くから地球上に存在しているワインですが、今日のように日本で多くの人に親しまれるようになったのは、本当に最近のことなのです。